HAL THE CAT 4

HAL THE CAT 4

Hal was just a cat, but not just a cat.

CIMG1920.JPG 

| HOME | amazed & amused |

更新日 2014-01-15 | 作成日 2007-10-16

200206071029144.JPG amazed & amused

最近ビックリしたこと、おもしろかったことなど

大森南朋のお父さんは麿赤児だった!

映画「バイブレータ」ですごくよかった大森南朋。この映画では寺島しのぶさんが注目を浴びたが、僕はほとんど大森さんにノックアウトされた感じだった。その後、ことあるごとに注目して見ているのだが、「バイブレータ」を超える作品はない。それくらい「バイブレータ」のトラック運転手はよかったのだが、最近その大森南朋のお父さんは麿赤児だと聞いて、これは本当にビックリした。麿さんはフジテレビの「合い言葉は勇気」でお世話になったが、無茶苦茶存在感がある人だった。

ヘンリー・フォンダはプレイボーイだった!

映画「黄昏」を久しぶりに見て、いいなあと思い、インターネットで改めていろいろ見ていたら、ジェーン・フォンダとヘンリー・フォンダの父娘はそれまで不仲だったのが、この映画で共演して・・・というようなことを知った。そうなんだと思いながら、もう少し違うところをまた見ていたら、実はヘンリー・フォンダという男は相当なプレイボーイで、家に帰らないことも多く、それを苦にしてか、妻が自殺してしまったということが出てきた。子供たち(ジェーンとピーター)が小さい時は病気で死んだということにしていたが、さすがに大人になってその事実を知った子供たちはヘンリーから離れていったという。それで長い間交流が無かったのが、さすがに高齢になったヘンリーをジェーンが見てのことか、この映画で父と娘が再会する。この映画はそういった思いがたくさんこめられているのか本当にすばらしく、ヘンリー・フォンダとキャサリーン・ヘップバーンはアカデミー賞の主演男優賞&主演女優賞を受賞する。しかしヘンリー・フォンダは授賞式のわずか5ヶ月後に亡くなってしまうという劇的な最期を遂げている。その時のジェーン・フォンダの思いは一体どんなだったんだろうか。

「参加することに意義がある」はクーベルタンの言葉ではなかった!

僕のコンピュータのスクリーンセーバーはいろいろな人の名言が出る設定になっているのだが、さっき「オリンピックは勝つことではなく、参加することに意義がある」という言葉のあとにエチェルバート・タルボットという人の名前が出て、「あれ?クーベルタンじゃないの?」と調べて見たらビックリ。1908年のロンドン大会の時にアメリカのエチェルバート・タルボットという司教が演説したのを、5日後にクーベルタンが「引用」したのが正しいらしい。長いことクーベルタンの言葉だと思っていたし、クイズ番組なんかでもそういう正解を見た覚えがあるけど、知らなかったね。