伊藤計劃「ハーモニー」

「虐殺器官」ほどではないが、やはりすばらしい。中で「みんなは決めつけてくれる人間が好きなんだよ。何かを決めてくれる、決断してくれる人間のまわりには『空気』が生まれる。科学者というのはそれが苦手なんだ。だって正しいことっていうのはいつだって凡庸で、曖昧で、繰り返し検証に耐えうる、つまらないことなんだから。」というくだりがあって、読んだ時に自分はまさにこれだと思った。とにかく物事を「決めつける」ことが苦手だということだ。もともと理科系の頭だったということなのかもしれないが、カリスマにはなれないということだ。
6e3e2a225dcf2bdf2469b7c639c9e008.jpg

去年父と

調子に乗って、去年の父との2ショットもやってみた。東京ミッドタウン前だけど、ちょっとパリっぽい?(これもクリックすると大きくなります)

papa&me2010.12.12.jpg

正月に母と

正月に撮った母との2ショットをカシオのIMAGING SQUAREというおもしろいサイトで加工してみた。なかなかいい感じ。(写真をクリックすると大きくなるよ)

IMAGING SQUARE
http://art.casio.com/


mom&me2011.01.03.jpg

中学校の恩師を訪ねる

中学校の担任だった相澤先生のお宅に、同期の4人とともに伺った。相澤先生は82歳。僕の父とほぼ同じ年齢で、父と同じくすこぶるお元気だった。当時からスタイリッシュで、僕は少なからず影響を受けていたと思うのだが、去年の同期会で帰り際に「波多野です。覚えていらっしゃいますか?」とお声をかけたら、「うん。君の名前から、僕の息子に『健』とつけたんだよ」とおっしゃられてびっくりと同時にすごく嬉しかった。先生のお宅での4時間はすごく楽しかったのだが、一つだけショックだったのは、最近の母校の話になった時に、一緒に行った女子の一人が「最近は『ロングバケーション』というドラマの主題歌をかけているらしい」と言った瞬間に、僕以外の男子2人が「?」という顔をして全く知らなかったという出来事。僕は、普通の人たちとは違うところで生きているのかな、と強い衝撃を受けた。

>この後でみんなから「知ってはいたけど、どうリアクションしていいかわからなかったので黙っていた」とのメールが。すみません!
CIMG5529.jpg

「レナードの朝」にLibby Titusが!

先日、久しぶりにデ・ニーロ&ロビン・ウィリアムスの「レナードの朝」を見たら、ダンスホールのシーンで歌っているのが何と「Libby Titus(リビー・タイタス)」だということがエンドクレジットでわかり、驚いた。この喜びを分かち合える人はかなり少ないと思うが、Libby Titusは大好きな歌手の一人で、ドクター・ジョンやレヴォン・ヘルムなどとつきあった後、結婚したのがドナルド・フェイゲンというすごさ。アルバムは1枚しか持っていない(多分これだけ?)が、超名盤で、中でも「Love Has No Pride」は毎回涙なくしては聞けない名曲。アルバムにはPaul Simon、Carly Simon 、James Talyorほか、すばらしいミュージシャンが結集している。
25436view001.jpg
Calendar
<< July 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8